帝王切開体験記⑤ 更なる痛み!翌日から歩くなんて!

スポンサーリンク

翌日から痛みに耐えて歩きましょう!

後陣痛のピークを乗り切った私に
看護師さんが
「尿の管取りますねー」っと言いました。

ん?そんなもの入っていたの??

 

帝王切開の時、麻酔をしてから
管が入れられていた様です。

確かに・・トイレとか行けませんもんね。

でもそれまで麻酔やら後陣痛やらで
管が入っている事に全く気付いてませんでした。

看護師さんが
「はい、おわりましたよ」
と言ってこれまた、特に何も無く抜去終了。

ホッとしていたら・・

体験5-1

私「もう・・ですか?傷開いたりしませんか?」

看護師さん
「開かない開かない!ちゃんと閉じてるから大丈夫
痛いけど我慢して歩いてねー」

私が事前に情報収集していた時
看護師さんが鬼に見えると言ってた人が
何人かいました(笑)

なるほど。。そういう事か。。

体験5-2

どうしよう・・・
でも皆、そうやって頑張って歩いてるんだし
私もできるはず!
歩けませんなんて言ったら伝説になってしまう・・

恥ずかしい伝説を残したくない気持ちを
力に変えてやるしかない!!

でも、お腹の傷は少しでも動いたら痛いんです。

 

硬膜外麻酔をしてるのに
なんでだろう・・・
傷の痛みには効くんじゃなかったっけ??
もしや効いててこの痛さって事??

・・・じゃあ、
トイレなんてもうええわ・・・

一瞬そう思ってはみたものの・・

「これって、トイレに行きたいって思ってから
動き出したんじゃ間に合わないかもしれんぞ・・」
と気づきました。

意を決して動きます。

いっったーーーーーい!!

アカン・・アカン・・何なんこの痛さ。

体験5-3

この時点で既に変な汗でびっしょり

試行錯誤してみたけど
結局
痛みの無い方法なんて無い事に気付きました。

愛想笑いでも
咳をしても
くしゃみをしても痛いんですから
そりゃそーだわな・・・と。

息を止めて歯を食いしばって
痛みに耐えながら少しずつ体を起こしていきました。

やっとベッドに腰を掛けた体勢になった頃には
登山してきたみたいにヘトヘト。
そして体には冷や汗&脂汗。

次はスリッパを履いて立ち上がるのですが
足とスリッパの距離がこんなに遠く感じた事はなかったです。

立ったら点滴のスタンドをカラカラと連れて
トイレに向かいます。
傷の痛みでまっすぐ立てないので
常に折れ曲がった状態。

髪もグチャグチャで必死の形相。

これは夜中に廊下で会ったら
完全に「出た!!(幽霊が)」と
思われるレベルに違いない・・・

でも
もはや見た目なんて
構ってられない状況なのでした。

 

帝王切開
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
となりのうなずき

コメント

タイトルとURLをコピーしました