『適当』でもなんとかなった事

スポンサーリンク

沢山の変化と情報 全て必要じゃない事もある

妊婦さんになると
自分の体や赤ちゃんに関して
沢山勉強するので
色々情報が入って来ますね。

例えば私は
妊娠するまで妊娠線って知らなかった。
ひび割れたような線が皮膚に残るなんて
知りませんでした。

妊婦6-1

調べてみると妊娠線予防のクリームがあるらしい
でもとても高いっ!

あんまり高いのは買えないので
お手頃で、口コミの良いクリームが
無いか調べまくって・・

妊婦6-2

クリームが良いと知ったけど
クリーム塗る為にお腹を触ると
キューっってお腹が張る傾向があったんですよね。
じゃあやめとこ・・ってなったのも理由(^^)

 

きっと赤ちゃんが嫌がってる。
そして、もし妊娠線ができてしまったところで
出産後、海でビキニ着る訳でもないし…
と楽観的に考えてました。

 

結果的に妊娠線出来ませんでした(^^)
必ず出来る訳じゃないので
体質によるのもかもしれません。

結果オーライ♪ですが
無理して塗らなくて良かったです。

楽観的だった事は他にもあります。
私は運動量も食事量も気にせず過ごしていて
「健診の時に体重注意されたら気を付けるか・・」
と言う考えでした。

もちろん暴飲暴食はしませんが
カロリーコントロールとか難しい事は考えないで
普段通りにしていました。

妊婦6-3

結局、健診では
「食べなさい!」とも 「食べ過ぎ!」とも
言われる事なく無事出産を迎えました♪

 

それともうひとつ…
出産後の母乳に対しても楽観的。
『出るかなぁ・・出なかったらどうしよう』
なんて全く考えなかったです。

 

「出産したら出るんだなー不思議だなぁ」
ぐらいな感じで過ごしてました。

実際じゃんじゃん出ました。
前回の記事で書いたように
助産師さんの
マッサージ等も良かったのかもしれませんが。

 

妊娠線予防クリームを3日で
塗らなくなる私ですが
全てにおいて楽観的ではなく

神経質になるポイントと
そうでないポイントが極端に
分かれる性格です・・

気になった事は何時間もかけて
調べまくりますし
周りに必要ないって言われても
それをしないと気が済まない事もあります。

 

でも今思うと、
楽観的に考えるぐらいが
うまく行くのかもしれないと
思ったりします。

 

肩の力を抜く方が
柔らかい自分でいられるのかなぁと
思いました。

マタニティ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
itsukiをフォローする
スポンサーリンク
となりのうなずき

コメント

タイトルとURLをコピーしました