帝王切開体験記⑧ 硬膜外麻酔の感想と、恐怖の痛みタイムと、赤ちゃんの聞き分け能力の話し

スポンサーリンク

出産後の色々な気付きと感想

少し時間を遡った話しですが
帝王切開の翌日頃から
動くたびに背中に嫌な痛みが走るので
診てもらったところ、
硬膜外麻酔の管か針か・・が
動いてしまい痛むのだろうと言う事でした。

 

医師に「抜いてしまおうか?」って聞かれたのですが

(硬膜外麻酔をすることで
痛みが緩和されているのだから
抜くと痛みが増すと言う事だよな・・)と
かなり迷いました。
でもやっぱり度々背中に走る痛みが
本当に嫌な痛みだったので
耐えるのも辛くて抜いてもらう事にしました。

その後、恐れていた傷の痛みですが・・
抜く前後で何も変わらなかったです。

 

むしろ、硬膜外麻酔をする事によって
背中の不快感が増していただけかも?
って程。

『何でだろ・・
意味のない麻酔なら
勧められないだろうしなぁ・・』

 

で、思ったのが
“硬膜外麻酔は
ちゃんと狙いのポイントに刺されて
いたのだろうか・・
当初からちゃんと効果を発揮して
いなかったのではなかろうか・・”
って事(^^;

 

と言うのも
2人目出産時は硬膜外麻酔は無しで
腰痛麻酔のみだったのですが
1人目と比べて術後の痛みに差が
無かったからです。

 

まぁ今となってはただの推測ですし
痛みも個人差がありますから
一概に意味なしとは言えませんけど。

…と、硬膜外麻酔に関して
今更思った感想でした。

 

さて次は
私が第一子を出産した病院で行われていた
看護師さんによる子宮収縮確認タイムの話しです。

体験8-1

ごめん看護師さん・・。

毎日数回、
看護師さんが体調チェックをしに
来てくれるんですが

その時に私のお腹を
人差し指、中指、薬指の三本で
ぎゅーっと押すんです。

 

そしてグリグリ・・

これも「ううっ!!いでーーー!」
ってなるぐらい強烈に痛いんです。

体験8-2

即、却下されましたけど。

皮膚の傷が痛いのか
子宮も切ってるから痛いのか
子宮そのものが痛いのか
何がなんだかわかりませんがとにかく痛い!!

 

看護師さんに聞くと
押さえてグリグリする事で
子宮の位置を確認して
子宮の縮み具合が順調か分かるとの事。

 

確かに日に日に押される場所が
下がっていってました。

 

子宮の収縮が悪いと、悪露が残ったりして
処置が必要になるから、確認が必要らしい・・

なるほど・・じゃあ仕方ない。

 

でも・・
二人目を出産した病院では
このグリグリはされなかったので
病院によって違うみたいですね・・

 

2人目の時は、
あの痛みが無いなんてマジで嬉しかったです(笑)

体験8-3

赤ちゃんは午前中に
看護師さんが沐浴させてくれるので
少しの間離れます。
私がお風呂に入る時も
看護師さんに預けるので
少しの間離れますが
それ以外は赤ちゃんと常に一緒。

 

私がトイレに行く時は気を遣います(^^;
傷が痛くて素早く動けないので
赤ちゃんがスヤスヤ寝ている時を
見計らってトイレに行くのですが

赤ちゃんにはセンサーが付いているのかと
思うぐらい、
さっきまでぐっすり寝ていても、
私が離れたら泣き出す事があります。

体験8-4

自分の赤ちゃんの泣き声が聞こえたら
傷が痛かろうがスピードUPで部屋に戻ってました。

赤ちゃんが呼んでくれている嬉しさもありますし
疲れて寝ている他のママさんを
我が子の泣き声で
起こしてしまってはいけないので…。

 

6人入れる大部屋なので
他の赤ちゃんも泣くわけですが
自分の赤ちゃんの泣き声が分かるなんて
それもまた何だかママとして嬉しい発見でした(^^)

 

帝王切開
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
となりのうなずき

コメント

タイトルとURLをコピーしました